記事一覧

焙煎機の納品と試運転


あっという間に時は過ぎていきますね。つい先日初詣に行ったばかりなのに,もう2月に突入しています。

「小樽雪あかりの路」が開幕し,その後まもなく「さっぽろ雪まつり」も始まりました。小樽の街中は多くの観光客で賑わっています。





さて,最近のCHAFFのトピックスと言えば........


焙煎機(17.2.3)


2月3日(金)に焙煎機が納品されました。

納品直前に運送屋さんから「中央市場ビル1棟に到着しましたが,お店はどこですか?」と電話があり,場所を説明し終えたら続けて「ところで,バリ(鉄梃)ありますか?」......コーヒー屋にあるわけないですよね(笑)

まもなく店の前にトラックが到着しました。焙煎機は,しっかり木枠で固定されています。

この木枠を外すためにバリが必要ですが,運送屋さんは「これ,俺の車じゃないからさぁ,道具が積まれてなくてさぁ.....」と言いながら,がさごそ車の中を探して,ホイールのナットを回すレンチを取り出してきました。それで木枠を叩くので,焙煎機に当たるのではないかとハラハラしました。

このトラックにはクレーンが装備されていて,木枠の上部を外してから........同乗者がいると思っていたら,なんと一人しかいません。彼は片手でクレーンのリモコンを操作しつつ,片手で車や建物に接触しないように調整し,そっと路面に降ろしてくれました。

焙煎機にはキャスターが付いているとはいえ,重さ150キロの機械を一人で建物内に運び入れるのは無理です。路面に置き去りにされても困りますから,まめゆきくんも手伝って,二人で店内に収めました。





そして,翌4日(土),あらかじめお願いしていた取り付け工事が終わりました。煙突取り付けとガス管の接続です。


焙煎機(17.2.7)


CHAFFで使う2キロ焙煎機は,焙煎機の中では小さな方ですが,狭い店内で圧倒的な存在感を放っています。





翌5日(日)14時,焙煎機発注先の早川コーヒーの社長が,生豆をたくさん持って,焙煎指導に来てくれました。

早川社長から簡単な操作説明を受けた後,まめゆきくんは自分で機械を操作して2回焙煎しました。早川社長は,それを優しく見守ってくれました。社長は話し好きなので,いつも話が長くなります。はっと気づくと16時半を回っていました。





焙煎機が使えるようになってからは,毎日焙煎の練習を行っています。


焙煎機(17.2.7)


まだまだ納得できるレベルには達していませんが,なんとなくイケそうな気がしています(笑)






明日は保健所の検査があり,明後日には,ようやくお店の看板が取り付けられます。

開店間近です!!







スポンサーサイト